蕁麻疹 熱 子供

子供が蕁麻疹で熱を出してしまう原因とは?

スポンサーリンク

小さな子供が蕁麻疹になってしまうこともありますよね。
しかも、場合によっては蕁麻疹だけではなく、熱などの症状も出てしまっていることがあります。
蕁麻疹になると発熱もしてしまうものなのでしょうか?
その熱の原因について考えていきたいと思います。

 

もしも蕁麻疹と一緒に風邪のような症状や発熱も現れているのであれば、もしかすると発熱の症状自体は風邪によるものなのかもしれません。
そして、風邪をひいて体の調子が悪くなっていると、アレルギー物質に対する反応も強く出てしまうことがあります。
元気なときには食べても大丈夫な食べ物も、体が弱っているときにはアレルギー反応が出てしまうということがあります。

スポンサーリンク

つまり、蕁麻疹が原因となって熱がでているのではなく、逆に熱などの風邪症状によって体力が落ち、その結果蕁麻疹も出てしまっている可能性があります。

 

また、そのほかにも、溶連菌というものに感染している可能性もあります。
イチゴ舌などの原因の菌で、これに感染すると蕁麻疹も起こってしまうことがあるのです。
これには抗生物質を利用して、菌が増殖するのを抑える必要があるので、おかしいと感じたら病院に連れていって診察してもらうのが良いでしょう。

 

このように、発熱と蕁麻疹は密接に関係していることが多いです。
熱がでるほど体が弱っているときは、蕁麻疹などを併発するリスクが高くなってしまいますので、普段からお子さんがどのようなアレルギーを持っているかを把握しておくことが大切になってきます。

スポンサーリンク