蕁麻疹 下痢 原因

蕁麻疹によって下痢が引き起こされる原因とは?

スポンサーリンク

蕁麻疹になってしまうと、時として下痢の症状まで引き起こされるという話があります。
蕁麻疹と下痢というのはあまり関連がないようにも思われるのですが、いったいなぜ蕁麻疹で下痢になってしまうのでしょうか?
ここでは、その原因について考えていきたいと思います。

 

蕁麻疹といえば、体中のあちこちにボツボツとしたできものがたくさんできて、かゆくなってしまうというイメージですよね。
体の外側にたくさんかゆみができてしまう印象ですが、実は、体の内側にもできものができてしまうことがあるのです。
蕁麻疹の原因であるアレルギー物質や免疫機構は体の内部にあるものなので、体の内側にできものができてしまっても確かにおかしくはないですよね。

スポンサーリンク

このできものが、体の腸の中などにできてしまうと、それが原因となって消化不良になってしまうことがあります。
食べ物がきちんと消化できない状態になってしまうために下痢の症状が現れてしまうというわけです。
これが、蕁麻疹によって下痢になってしまう原因です。

 

この下痢症状を抑えるためには、腸の中にできてしまった蕁麻疹を治療する必要があります。
といっても、蕁麻疹自体を改善することができれば体の中のできものも自然と収まっていきますので、通常どおり、蕁麻疹の対策を行っていきましょう。
お薬を使って症状を抑えつつ、体調の低下やストレスなどが原因となって蕁麻疹になってしまっていることもありますので、ゆっくりと休息をとることが大切です。

スポンサーリンク