蕁麻疹 ダニ 違い

蕁麻疹とダニとの症状の違いとは?

スポンサーリンク

体のあちこちがかゆくなってしまうと、仕事や日常生活などにも影響が出てしまって、本当に困りますよね。
しかし、この体がかゆくなってしまう原因はどこにあるのでしょうか。

 

例えば、蕁麻疹でもかゆくなってしまいますし、ダニに刺されてしまった時にもかゆみが生じてしまいますよね。
この2つの症状の違いはどのあたりにあるのでしょうか?

 

どちらもかゆいことが困ってしまう症状ではありますし、いずれも肌の表面にできものができてしまうので、判別するのが難しいですよね。
しかし、よくよく観察してみると、それぞれには違いがあることに気が付きます。

スポンサーリンク

ダニの場合は、ダニに刺されてしまったことが原因でかゆみが生じています。
したがって、腫れてしまった部分をよく観察すると、刺されてしまった傷口があることに気が付きます。
これがあるということは、蕁麻疹ではない可能性が高いです。

 

一方、蕁麻疹の場合にはダニに刺されてしまった時のような傷口はありません。
体の中でのアレルギー反応が原因となって蕁麻疹が起こってしまっているので、外傷はないはずなのです。

 

これが2つの症状の違いであり、判別する方法でもあります。
かゆみが出ているという症状は一緒だったとしても、その原因が異なれば対処方法も変わってきますので、しっかりと見極めてから対策するようにしましょう。
病院に行く時も、原因が自分の中でわかっていて説明すれば、治療もスムーズに行ってもらえる可能性が高くなりますよ。

スポンサーリンク