蕁麻疹 薬 効かない

蕁麻疹に薬が効かないのはなぜ?

スポンサーリンク

蕁麻疹になってしまって、対処するために薬を使ったのにもかかわらず、その薬があまり効かないこともあるようです。
しっかり対処したはずなのに、なぜ薬が効いてくれないのでしょうか?
どこにその原因があるのでしょうか?
蕁麻疹と一言で言っても、様々な原因があります。
それだけに、薬の種類も様々であり、症状に合ったお薬を使わないと、なかなか効果がなかったりすることもあるようです。
これが、薬が効かなかった原因なのですね。
また、そのほかにも心因的な原因によって症状が出ているときには、薬による対症療法よりも、根本原因であるストレスなどを解決しない限りは症状が治まらないということもあるので注意が必要です。
そこで、薬を服用していても効果が現れない場合には、効果の出る薬に変える必要があります。
お薬も、抗アレルギー剤や、抗ヒスタミン剤などいろいろあるので、お医者さんに行って、どれが自分には効果があるのか相談してみましょう。
そのうえで、適切な薬を処方してもらったり、必要な治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

なかには、きちんと病院で処方してもらったお薬なのに効き目がなかったという場合もあります。
これについても、診察してくれた先生のところにもう一度行って、経緯を説明するようにしましょう。
再度検査を行うなり、対処してくれるはずです。
また、あまりお勧めはできないことでもありますが、どうしても症状が改善しないという場合には、病院を変えて別の先生に診断してもらうようにするのも1つの手段です。
もしかすると、最初の診療が間違っていて、別のところに問題がある場合もないとは言えません。
ただし、その時にはこれまでの状況をきちんと説明するようにしましょう。
同じ処置がされてしまっては仕方がないですものね。
せっかく治療のために必要な対処をしたと思っていたのに、効果が表れてくれないと残念ですよね。
今度こそ自分に合ったお薬を見つけて、蕁麻疹のつらい症状から解放されたいですね。

スポンサーリンク