ストレス性 蕁麻疹

ストレス性蕁麻疹の対処方法

スポンサーリンク

蕁麻疹はアレルギーなどによっても起こりますが、ストレスによって発症することもあるようです。
現代社会においては、ストレスとは切っても切り離すことができないような状況に置かれている人も多いでしょう。
それが原因で蕁麻疹にまでなってしまうと、余計にストレスがたまるというものです。
ストレス性蕁麻疹になってしまった時には、どのように対処すればいいのでしょうか?
まず、ストレス性蕁麻疹の特徴としてあげられるのは、ストレスを受けた後にかゆみや痛みなどの症状がでてくることです。
そして、多くの場合には数時間ほどで症状が治まるといわれています。
短時間しか症状が続かないこともおおいので、どうしてもストレス性の蕁麻疹だと気が付けないこともあるようです。

スポンサーリンク

このストレス性蕁麻疹の対処方法については、やはり根本的な原因であるストレスを軽減することと、ゆっくりと休むための時間を設けることが重要になってきます。
ストレスそのものを解消することはなかなか難しいかもしれません。
仕事の量が多くてストレスなのであれば、それをほかの人にも分担してもらえるように話せればいいのですが、簡単にはいかないことも多いでしょう。
人間関係がトラブルなのであれば、もっと改善は困難かもしれません。
もしも、ストレスの根源をなくすことができないのならば、せめてストレスの元から離れてゆっくりできる時間をなるべく確保するようにしましょう。また、対症療法ではありますが、蕁麻疹が起きた箇所を冷やしたり、炎症を抑える薬などを使用することによって改善する方法もあるようです。
なるべくは皮膚科などの先生に相談してから薬等は使用したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク