寒冷蕁麻疹 治し方

寒冷蕁麻疹の治し方とは?

スポンサーリンク

蕁麻疹と一言で言っても、様々な種類や症状があります。
その中の1つとして、寒冷蕁麻疹というものがあります。
このときの治し方としてはどのような方法があるのでしょうか?
そもそも、寒冷蕁麻疹というのは、体が冷えることによって現れてきてしまう蕁麻疹のことをいいます。
これは、体が冷えている状態から、急に温かい部屋などに入ってきた時など、大きな温度差によって皮膚の温度が変わってしまうことが原因として考えられます。
皮膚の下の部分には、肥満細胞という細胞が存在しております。
この肥満細胞が温度が変わったことを感じ取ると、それによって体の中ではヒスタミンという物質が現れてきます。
このヒスタミンは食物アレルギーなどでも関連のある化学物質で、これが存在していることによって、かゆみなどの症状が発生してくるのです。
ヒスタミンが発生することによって、細胞が炎症の症状を引き起こしてしまい、各種症状が現れてくるのです。

スポンサーリンク

このような、温度差によって生じてくる寒冷蕁麻疹の治し方としては、急激な温度変化を感じなくても済むような対策をとっておくことです。
例えば、寒い屋外にいるときにも、きちんと防寒対策を取っておくことが大切です。
特にも、全体的には防寒着で寒さ対策を取っているのに、手足などの部分的にはきちんと対策がとれておらず、皮膚が冷えてしまうことがあります。
手袋やレッグウォーマー、マフラーなどもしっかりと使用して、皮膚が冷えてしまわないようにしましょう。
また、場合によっては外気温だけではなく、水などによっても皮膚が冷え込んでしまうことがあります。
冷たい水で洗い物をしているときなどにも、これが原因となってかゆみなどの症状が出てくる場合があります。
これを防ぐためには、ぬるま湯で洗い物を行うようにしたりするなど、皮膚の温度に大きな変化が生じないようにすることが重要です。
さらには、スポーツを行う時にも少し意識をするようにするとより症状を出にくくしていくことができるでしょう。
汗をかいた状態で体を放置してしまうと、それによって体が冷えて症状が出てくる場合もありますので、きちんと汗をふき取るようにしたり、着替えを行うなどの対策も必要になってくるでしょう。

スポンサーリンク