ビール アレルギー 蕁麻疹

ビールでアレルギー症状や蕁麻疹が現れる?

スポンサーリンク

ビールを飲んでしまったことによってアレルギー症状が現れたり、蕁麻疹も出てくるという場合があります。
ビールとアレルギー症状・蕁麻疹にはどのような関係があるのでしょうか?
まず1つ考えられる原因としてはアルコールを飲んだことによって血行が良くなってしまうことが考えられます。
アルコールが体内に入ると一時的に血管が広がってしまって、その分体温も上昇しやすくなります。
酔っ払って顔が赤くなってしまうのはこれが原因です。
体温が上がってきてしまっているときには蕁麻疹の症状が現れやすくなってきますので、ビールを飲むことによって毎回体がかゆくなってしまったり皮膚が炎症を起こしてしまう場合には、極力避けるようにした方がいいでしょう。
また、ビールと一緒におつまみとして食べたものの中にアレルギー物質が含まれていたということも考えられます。
食物アレルギーは人によっても種類が異なり、まったくアレルギー反応を起こさない人もいれば、蕁麻疹の症状が現れてしまう人もいます。

スポンサーリンク

これを避けるためには自分がどのようなものにアレルギー反応を起こしてしまうのかを知っておく必要があります。
内科などの病院でも検査をしてもらえることがありますので、念のために自分のアレルギーの正体を知っておくと良いでしょう。
また、中にはアルコール自体に対してアレルギー反応を引き起こしてしまうという方もいらっしゃるようです。
強いお酒を飲むことによってかゆみが現れてきたり、場合によっては体の内部の粘膜で反応が起こってしまい、息苦しさを感じてしまうようなこともあるようです。
これは症状が重くなると呼吸困難などの命に関わるような状態に陥ってしまう可能性も考えられます。
このようにならないよう、自分にとっての蕁麻疹の原因はきちんと把握しておく必要があるといえるでしょう。
ビールも好きで飲みたくなってしまう気持ちも非常によくわかりますが、やはりほどほどにしておいた方がいい場合もあるでしょう。

スポンサーリンク