慢性蕁麻疹 治らない

慢性蕁麻疹は治らないって本当?

スポンサーリンク

蕁麻疹になってしまったとき、多くの場合は数時間から数日程度で症状が改善していきます。
その一方で、一部には1か月以上にわたって長期間蕁麻疹の症状が継続することもあります。
蕁麻疹は食物アレルギーが原因となって現れてくることも多く、やはり短期間で症状が改善していくことがほとんどですが、食品以外にも細菌などが原因となってアレルギーの症状が現れてくることもあります。
菌によっても1か月以上ずっと症状が続くということは考えにくいですが、こういった要因によっても症状が現れてくるということを知っていると、病院に行って相談するときなどに良いでしょう。
このように様々な要因によって起こりうる蕁麻疹の症状ですが、長期間症状が続いてしまうようなものを慢性蕁麻疹と言います。
この慢性蕁麻疹になってしまった時には治らないという話を聞くこともありますが、これは本当なのでしょうか?
確かに慢性蕁麻疹になってしまうと、症状が長期間にわたってしまうため、なかなか治ったという実感を得ることが難しい場合もあると思います。

スポンサーリンク

しかし、症状が長引いているからと言って治らないというわけではありません。
慢性蕁麻疹になってしまった時も薬をきちんと活用治療を進めていくことによって治療を進めていくことは可能です。
慢性蕁麻疹であっても、体の中で起きている反応は通常の蕁麻疹と同じような状態であるため、抗アレルギー薬を活用することによって症状を改善していくことができるようになります。
なかなか治りにくいと感じてしまう要因としては、再発してしまうことが原因として考えられます。
再発してしまうのは、治りかけの状態で薬を使うことを中断してしまうことが多いためです。
薬を使用していると徐々に症状が改善されていき、治ってしまったと思って途中で薬の使用をやめてしまうことが多いのです。
その結果、完全に症状が治まっていないために症状が再度現れてきてしまい、なかなか治らないという話が起こってしまうのです。
ですので、もしも慢性蕁麻疹になってしまったときには、病院に行って治療を行いながら、処方された薬については先生の指示の通り、きちんと完治するまで使用するようにしましょう。

スポンサーリンク