温熱蕁麻疹 治し方 原因

温熱蕁麻疹の原因と治し方とは?

スポンサーリンク

あなたは温熱蕁麻疹というものを聞いたことがあるでしょうか?
お風呂に入って体温が高くなったり、暖房やカイロなど使った時に、その部分がかゆくなってしまう症状のことを温熱蕁麻疹といい、アレルギー反応である蕁麻疹の一種であるといわれています。
例えば、アレルギーである食べ物を食べて全身がかゆくなってしまうというのはイメージが付きやすいのですが、なぜ体を温めただけで蕁麻疹がでてきてしまうのでしょうか?
ここでは、温熱蕁麻疹の原因とその治し方について触れていきたいと思います。
温熱蕁麻疹によってかゆみが出てきてしまう原因は、皮膚の温度が上がって血行が良くなることで、ヒスタミンというアレルギーの原因物質が体の中に流れていってしまうために起こるものです。
確かに体があったまると、血行が良くなりますよね。
これによってかゆみが強くなってしまうのです。
一般的には血行が良くなるのは健康に良いことだとされていますが、温熱蕁麻疹に関していえば、かゆみが強くなってしまう状態なのです。

スポンサーリンク

これを改善していくためには、かゆくなった場所を冷却することが有効です。
例えば、濡れタオルなどを患部に当てて、冷やしていくとよいでしょう。
また、塗り薬もあるようなので、それを使ってみても効果が期待できるかもしれませんね。
あとは、原因である熱を少し遠ざける必要があります。
例えば、ヒーターなどの熱源の近くにいて、体の一部分だけが強く温められると、再度温熱蕁麻疹になってしまいます。
これを防ぐためにも直接ヒーターなどの温風を直接肌に当てないようにしましょう。
もちろん、暖房を使わないと冬場はつらいですし、風邪をひいてしまっては困りますので、直接体に温熱を当てないように心がけることが重要です。
急激な体温の上昇によって温熱蕁麻疹となってしまうため、体を温める時には穏やかにゆっくりと温めるようにすると、温熱蕁麻疹に悩まされることも少なくなっていくでしょう。

スポンサーリンク