蕁麻疹 腕 原因

蕁麻疹が腕にできる原因とは?

スポンサーリンク

蕁麻疹が腕にできてしまうことも多くあります。
このように、蕁麻疹が腕にできてしまう原因とはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、多くの場合蕁麻疹が発生してしまうのは、アレルギーが関係しています。
食物アレルギーなどが原因となって、体の中で反応が起こってしまい、その結果として皮膚に炎症などの症状が現れてきてしまうのです。
アレルギー物質が体の中に入ってくると、体がその物質を有害な異物だと誤認してしまい、過剰に反応が起きてしまいます。
アレルギー自体は人によって異なってきますが、体の中で起こる反応はほぼ同じであり、免疫が過剰に反応して発生するヒスタミンという化学物質によって蕁麻疹の症状が現れてきます。
この症状は体中至るところに発生してくる可能性があるため、腕に症状が現れてくることも決して珍しいことではありません。
また、このほかに蕁麻疹が腕に発生する原因として考えられるのが、腕に物理的な衝撃が何度も加わることです。

スポンサーリンク

例えば、体をゴシゴシとこすってしまった時などが挙げられます。
このような強い刺激が加わったり、あるいは継続的に刺激し続けることによって、蕁麻疹の症状が発生してしまうことがあるのです。
腕だけなど、一部分に症状が出てくる時にはこれが原因であることも考えられます。
また、急激な温度変化によって蕁麻疹が出てくることもあります。
温熱蕁麻疹や寒冷蕁麻疹と呼ばれますが、暖かいところから寒いところに行ったり、逆に寒い場所から暖かい場所へ移動した時などに蕁麻疹が出てくることもあります。
これに加えて、汗をかくことによって蕁麻疹が発生してくることがあります。
運動などを行って汗をかいた後に、その部分に症状が出てくるということがあるのです。
このように、腕に蕁麻疹ができる原因はいくつか考えられます。
判断に迷った時には早い段階で病院に行って診察や検査を受けるようにするとよいでしょう。
アレルギー性の場合には、時に命にもかかわってくることがありますので、早目の対処が重要です。

スポンサーリンク