飲酒 蕁麻疹 原因

飲酒が蕁麻疹の原因となる

スポンサーリンク

蕁麻疹が出てしまう原因として考えられるものはいくつか種類があります。
そのうちの1つとして、飲酒が原因と考えられています。
お酒を飲むことと蕁麻疹にはどのような関係があるのでしょうか?
お酒を飲むことによって蕁麻疹となってしまう理由としては、肝臓の機能をアルコールによって低下させているということが挙げられます。
肝臓は、アルコールをはじめとする体にとって有害な物質を分解してくれる臓器になります。
お酒を飲むことによって、肝臓には負荷がかかりますし、その量が多ければ多いほど、より深刻なダメージを肝臓に与えてしまうことになるのです。
毎日のように飲酒する習慣がある人にとっては、継続的に肝臓に負担をかけてしまっている状態であるため、肝機能が低下していることが考えられます。
このときに肝炎などになってしまうと、より蕁麻疹が発生しやすくなってしまうので、肝臓に負担をかけすぎないためにも深酒は控えるようにするべきでしょう。

スポンサーリンク

また、肝機能が低下することだけではなく、お酒を飲むことによって体温が上昇することも原因として考えられます。
蕁麻疹の中には温熱蕁麻疹と言って、急激に体温が上がったときに症状が現れてくるタイプの蕁麻疹があります。
お酒を飲んだ時にもこの温熱蕁麻疹に近い症状が出てくることがあるのです。
ご存知の通り、お酒を飲むと、少し体がポカポカとして温かくなってきます。
これは、お酒が体の中の血管を広げることと関係しています。
血管が広がり、血流が多くなると、その分体温が上昇してくるのです。
蕁麻疹の時にはヒスタミンという化学物質が関係してきますが、この化学物質も血流の上昇によって体中にいきわたってしまうと、より症状が広がりやすくなりますので、注意が必要です。
このように、飲酒と蕁麻疹が発生することにはある程度の関連性が見られます。
もしもこれまで飲酒によってボツボツと体に蕁麻疹ができてしまったという経験がある方は、再発しないように注意を払う必要があるといえるでしょう。

スポンサーリンク