子供 蕁麻疹 咳

子供が蕁麻疹になって咳が止まらないときは

スポンサーリンク

蕁麻疹といえば、子供にも多い症状として有名ですよね。
大人でも蕁麻疹によるかゆみなどの症状を我慢することは難しいのですから、子供にとってはより深刻な問題であるといえるでしょう。かゆい症状にずっと我慢させておかなければいけないのは非常にかわいそうですよね。
それだけでも十分に辛いといえるのに、蕁麻疹に加えて咳の症状も伴うことがあります。
このように、咳まで止まらなくなってきてしまった時にはどのように対処すればいいのでしょうか?
蕁麻疹になってしまった時には、その症状の前後に咳がでてくるということが時折見受けられます。
もしかすると、皮膚の炎症の症状が、外側の皮膚だけではなく、体の内側の皮膚である粘膜などで起こっている可能性が考えられます。
症状がひどい場合には、呼吸困難などの状態に発展してしまうことも考えられるため、できるだけ早い段階で病院に行って検査や治療を受けるように心がけましょう。
また、病院に行くときには、最近子供に食べさせた食べ物なども把握しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

蕁麻疹になってしまう原因には食物アレルギーなども多く関係していることがあるので、直近でどのようなものを食べたのか把握しておくと、早く原因を解明することにつながりやすくなります。
また、アレルギーのほかにも、実は別の病気が関係しているという場合もあります。
例えば、イチゴ舌などの原因となる溶連菌に感染してしまうと、上記のような症状が現れてくることが多いです。
溶連菌にはそれこそ子供が非常に感染しやすく、舌が真っ赤になるなどの特徴的な症状に襲われます。
病院で抗生物質を使用してもらうことにより対処することはできますが、病状が悪化してしまうと腎臓などの内臓にダメージを与えてしまう恐ろしい面ももっているため、早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。
単なる風邪やじんましんであると勘違いしてしまって放置していた結果、症状が悪化してしまって、体に悪影響が残ってしまったという事例もありますので、気を付けておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク