子供 蕁麻疹 夜

夜に子供の蕁麻疹がひどくなる原因とは?

スポンサーリンク

子供に発生しやすい蕁麻疹ですが、特にも夜になるとその症状がひどくなってしまうことがあるようです。
そのようになってしまうのはなぜなのでしょうか?
その原因について考えていきたいと思います。
夜に症状が強く表れてきてしまう原因としては、実は時間帯というよりも夜に行うことの多い行動が関係していることが多いです。
例えば、入浴は夜にするというご家庭は多いのではないでしょうか?
お子さんを夜にお風呂に入れるという場合には、これが蕁麻疹と関係していることがあります。
蕁麻疹の種類として温熱蕁麻疹というものがあります。
これは、体温が上昇したときにかゆみを伴う蕁麻疹の症状が出るもので、お風呂に入って体温が上がったために蕁麻疹ができてしまうということもあるのです。
夜に蕁麻疹が出ることが多いという時には、この入浴との関係についても意識しておくといいでしょう。
もしもお風呂が原因となっている場合には、お風呂から上がる時に最後に少し冷たい水のシャワーを浴びるなどの対策を取るといいでしょう。

スポンサーリンク

上昇した体温を少しクールダウンさせることによって症状を改善することができる場合があるのです。
また、体温が上昇するといえば、就寝時も考えられます。
きちんと体を暖かくして寝かせなければと思って、しっかりとお布団をかけていると、これまた蕁麻疹が現れる原因となってしまうことがあるのです。
先ほどのお風呂の場合と同様に、体が温まることが原因で発症するタイプであれば、その可能性も出てきます。
もちろん、風邪をひかないように体を冷やさないようにすることは大切ですが、暑いと感じるくらいしっかりとお布団を重ねる必要もないので、バランスを取っていくことが大切でしょう。
このように、お風呂や就寝時など、夜に取ることが多い行動が蕁麻疹と関係していることがあるため、一度これらの原因との関係性について考えてみるようにしましょう。
また、夜であっても夜間診療所で診察してもらえることもあるので、すぐに治療のための行動を取ることも大切です。

スポンサーリンク