蕁麻疹 原因 内臓

蕁麻疹の原因は内臓にあった?

スポンサーリンク

蕁麻疹の原因といえば、アレルギーですよね。
特定の食べ物を食べてしまったために、体中にボツボツとできものができてかゆくなってしまったり、あるいはハウスダストなどが原因となって症状が現れてくることもあります。
しかし、原因はそれだけではなく、体の内臓にも原因があるとも言われています。
これはいったいどういうことなのでしょうか?
食べ物やハウスダストなど、蕁麻疹の原因物質となってしまうものはアレルゲンと呼ばれます。
通常であれば害のない食べ物などでも、体がそれらを異物だと認識してしまうと、アレルゲンとなってしまい、これを排除するために免疫機能が過剰に働いてしまって蕁麻疹の症状が現れてきます。
食べ物が原因の場合、その消化吸収には当然内臓がかかわってきます。
したがって、内臓の調子が悪い時には、それが間接的に蕁麻疹の原因となってしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

この内臓の調子が悪かったり、機能が低下してしまっていると、アレルゲンの吸収が増えてしまったり、代謝がうまくいかないためにアレルギー反応が起きてしまうこともあるようです。
これが、蕁麻疹の原因が内臓にある場合です。
これを改善していくためには、内臓の働きを低下させないようにすることが重要です。
すぐにでも取り組める対策としては、飲み過ぎや食べ過ぎを控えて、体の調子を整えるようにしましょう。
このように、食生活を普段から意識することが大切です。
なぜなら普段はアレルゲンである食べ物を食べても症状が現れないのに、体調の悪いときに食べると症状が現れてしまう場合もあるためです。
これは内臓の働きが低下していることが関係している可能性もあります。
また、ストレスや睡眠不足も内臓に負担をかける原因となってしまうことがあるので、これらも解消していきたいところですね。
体調を整え、蕁麻疹が出にくい状況をしっかりと作っていきましょう。
そのためには、体の内部をいたわり、健康管理をしっかりと行っていくことが大切ですね。

スポンサーリンク