蕁麻疹 注射 副作用

蕁麻疹治療の注射の副作用とは?

スポンサーリンク

蕁麻疹の治療を進めていくときに、注射を用いる場合があります。
これによって、比較的短期間で症状を改善させることが可能となることも多いようですが、治療をするときに少し心配なのが副作用ですよね。
蕁麻疹の症状を和らげるために行う注射には副作用はないのでしょうか?
注射で薬を体内に取り入れる以上、どうしても副作用が生じる可能性を否定することはできません。
どのような薬にも、人間にとって都合のいい面と、都合の悪い面があり、その都合の悪い面を出さないために使用方法や使用量などが定められているのです。
さて、蕁麻疹になってしまった時に用いる注射としては、抗ヒスタミン薬が挙げられます。
アレルギー症状が原因となって蕁麻疹が起きてしまっているときには、アレルギーの原因物質がどのようなものであれ、最終的に体の中の免疫機構が各種アレルギー物質に作用して、ヒスタミンという化学物質を生成します。
このヒスタミンが蕁麻疹の症状を引き起こす物質となるのです。

スポンサーリンク

そこで、ヒスタミンの作用を押さえようというのが抗ヒスタミン薬となります。
これを用いることによって、蕁麻疹をはじめとするアレルギー症状を緩和させることができるのです。
短期間で症状を和らげることができるため非常に魅力的なのですが、その反面現れる可能性のある副作用については注意しておく必要があります。
抗ヒスタミン薬の副作用としては、まずは眠気に襲われる場合があるということが挙げられます。
このため、副作用が現れる可能性のある時間帯は、車などの機械の運転などは控えるようにし、安静にしておきましょう。
また、そのほかにも口の中が乾いてきたり、便秘になってしまうということもあります。
排泄にもかかわってくる部分ですので、普段から便秘がちであったり、排泄に関して悩みを抱えている場合には、事前にお医者さんに相談しておくようにするとよいでしょう。
近年では副作用が発生しにくいお薬も開発されているようですので、リスクは下がっていると考えられますが、それでも全くゼロというわけではありませんので、念のため意識はしておいた方がいいですね。

スポンサーリンク