蕁麻疹 薬 眠気

蕁麻疹の薬で眠気がでることがある?

スポンサーリンク

蕁麻疹の症状を改善していくために薬を使用して対処する場合があります。
しかし、この薬の副作用として眠気が出てくる場合もあるようです。
どのような薬を使用した時に眠気が出てきてしまうものなのでしょうか?
眠気を伴うような薬としては抗ヒスタミン薬が挙げられます。
アレルギー性の蕁麻疹の場合には、体の中でアレルギー物質と免疫が反応して生じてくるヒスタミンの働きを抑えていくことが重要になってきますが、このヒスタミンを抑えるための薬の副作用として、眠気を生じさせてしまうものがあるのです。
抗ヒスタミン薬には内服薬のタイプもありますので、薬を飲んだ後にもいつもどおり生活を送ることも多いでしょう。
ベッドの上で安静にしているだけとは限らないと思います。
しかし、このときに眠気が出てきて困った事態にはならないように気を付けておいた方がいいでしょう。
例えば車の運転です。
車を運転している最中に薬の作用によって眠気が出てきてしまっては事故にもつながりかねません。

スポンサーリンク

自分も、事故に巻き込んでしまった人も非常に不幸なことになってしまうので、薬を飲んだ後しばらくの間は車の運転は控えるようにしましょう。
このほかにも、危険を伴うような作業や仕事は控えることが大切です。
また、大切な試験や受験を控えている人も使用方法には注意したほうがいいでしょう。
もちろん、あまりにも症状がひどい時には、薬を使って症状を改善させることを優先させたほうが良いとは思いますが、使い方を誤ってしまって眠気が出てきてしまうと、試験勉強に手がつかなくなってしまいます。
また、実際の試験本番で眠気に襲われてしまってはこれまでの努力が報われないですよね。
このように、蕁麻疹の薬によって眠気に襲われてしまうことは現在の薬でも全くないというわけではありません。
薬に対する体の反応は人によっても個人差があるので、副作用が現れてきた時には早めに病院の先生に相談してみるようにしましょう。

スポンサーリンク