妊娠 超初期 蕁麻疹

妊娠の超初期には蕁麻疹がでることがある?

スポンサーリンク

妊娠して、念願の赤ちゃんができるととてもうれしいですよね。
将来はどんな子に育つのだろうかとか、男の子だろうか女の子だろうかなどと、様々なことを想像してとても楽しいですよね。
名前をどうしようかとか、どんなふうに育てていこうかなどといろいろな話題で盛り上がることと思います。
ただ、妊娠してからはいろいろと悩みなども増えてきますよね。
その中の一つとして蕁麻疹が関係してくることがあります。
妊娠の超初期には、蕁麻疹が出やすくなってしまうことがあるようです。
これからいろいろと大変になってくる時期だというのに、いきなりこのような症状に襲われてしまっては困りますよね。
しかし、なぜ妊娠超初期には蕁麻疹が出てしまうのでしょうか?
ここでは、妊娠の超初期に蕁麻疹が出てしまう原因について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠超初期は、ホルモンバランスが大きく変化する時期だといわれています。
この変化には個人差があるために、症状が強く表れる人もいれば、あまり影響がないという人もいるようです。
これについては、チェックするキットのようなものがあるようなので、使ってみるとよいでしょう。
これで陽性となれば、ホルモンバランスの変化が蕁麻疹に影響を及ぼしている可能性が高くなります。
ホルモンバランスについては、なかなか自分でコントロールすることが難しい部分です。
そのため、まずは、何が蕁麻疹を引き起こすアレルゲンになってしまっているのかを把握するようにしましょう。
加えて、病院の先生にも症状について相談し、体や赤ちゃんに影響があまり出ない範囲で治療を行ってもらうようにしましょう。
妊娠していることと、それによって蕁麻疹の症状が現れるようになったことをきちんと伝えることが重要ですよ。
症状が起き始めたきっかけを伝えることによってお医者さんが原因などを絞り込みやすくなっていきますし、その結果、適切な治療を受けられる可能性が高くなっていきます。

スポンサーリンク