蕁麻疹 原因 肥満

蕁麻疹の原因となる肥満細胞とは

スポンサーリンク

アレルギー性の蕁麻疹が起きるときに、肥満細胞という名前の細胞が関係しているようです。
蕁麻疹の原因となる、この肥満細胞とはいったいどのようなものなのでしょうか?
肥満細胞は、粘膜やリンパ節、皮膚などなど体中の様々な組織に存在している細胞であり、体の免疫機能に大きく関係のある細胞です。
体にとって有害になるものや異物などが入り込んできた時に、肥満細胞の表面部分には抗体が作られます。
この抗体は特定のアレルギー物質に対して反応するもので、アレルギー物質と抗体が反応すると、肥満細胞の中に入っているヒスタミンという化学物質が放出されるのです。
本来であれば、体にとって良くないものを察知して取り除くために働いてくれる大切な防御機構なのですが、これが過剰に反応してしまうと、アレルギー症状として蕁麻疹が出てきてしまうのです。
アレルギーの原因物質が食べ物であっても花粉やハウスダストであったとしても、最終的に体の中でおこある肥満細胞の働き方は同じになります。

スポンサーリンク

このように、体にとって必要なシステムであるのにもかかわらず、このシステムが過剰に反応してしまうことによって、蕁麻疹のような困った症状が出てきてしまうのです。
しかし、原因が肥満細胞から出てくるヒスタミンであるということが、様々なアレルギー症状に共通しているということは、逆に言えばメリットであるとも言えます。
つまり、どのようなアレルギー物質が原因であったとしても、ヒスタミンの働きを抑えることができれば、蕁麻疹の症状を緩和させていくことができるためです。
このため、病院に行ってアレルギー性の蕁麻疹であるという診察が行われたときには、ヒスタミンの作用を抑えるためのお薬が処方され、症状が治まるまでの間はこの薬を使用していくという治療を行うことが多いです。
仕組みがわかってしまえば、蕁麻疹の症状にもきちんと対処していくことが可能になるのです。
ただかゆいだけだと我慢せずに、きちんと病院で治療を受けることが、症状を改善する近道ですね。

スポンサーリンク