蕁麻疹 原因 自律神経

自律神経の乱れが原因で蕁麻疹が起こっているときの対処方法

スポンサーリンク

蕁麻疹の症状が起こってしまう原因として、自律神経に乱れが生じてしまっていることが考えられます。
自律神経というのは交感神経と副交感神経のバランスによって体の調子を整えたり、様々な反応を引き起こすものになります。
例えば、緊張しているときや、スポーツなどをしていて気持ちが興奮状態にあるときには交感神経が強く働いていて、活発に活動するためにホルモンなどの物質が体の中で作られていき、実際に行動にも影響を与えていきます。
逆に、リラックスしているときやゆっくりとしているときには副交感神経が働いています。
このように、交感神経と副交感神経は、どちらかが強く機能すればいいというものではなく、バランスが取れていることが非常に重要になってきます。
しかし、生活習慣の乱れや過度のストレスを抱えていることなどによって、自律神経の働きが乱れてしまうことがあります。
そして、この乱れが原因となって蕁麻疹が引き起こされてしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

それでは、自律神経に乱れが生じてしまった時にはどのように対処していけばいいのでしょうか?
まずは、その乱れを改善するために、生活習慣を新手目ていく必要があるでしょう。
食事や睡眠などを規則正しくとることが非常に大切になってきます。
睡眠が全く足りていないときなどにはなかなか改善していくことが難しいため、きちんと睡眠時間を確保したうえで、規則正しく生活リズムを整えていく必要があります。
また、併せて運動不足も解消するようにしましょう。
適度な運動は自律神経の働きを正常に戻してくれる効果があるとされています。
また、交感神経と副交感神経を交互に働かせるために、シャワーを活用した方法もあります。
まずは、冷たいシャワーを浴びます。
これによって交感神経の方が強く反応を示します。
その後温かいお湯でシャワーを浴びた後に、再び冷たいシャワーを浴びるというのを何回か繰り返します。
これによって、交感神経と副交感神経の切り替えができるようになるため、入浴時に何セットか行うと良いでしょう。

スポンサーリンク