蕁麻疹 原因 ゴム

蕁麻疹はゴムが原因となっていることも

スポンサーリンク

代表的な蕁麻疹の症状の原因としてはアレルギーを連想される方が多いと思います。
しかし、このほかにも蕁麻疹の原因となるものはたくさん存在しています。
その原因の1つとして、下着などのゴムが原因となっている場合があるのです。
これは、下着などに使用されているゴムによって物理的に刺激が与えられていると、その部分に蕁麻疹の症状が現れてくる場合があります。
アレルギー性の蕁麻疹などであれば、体の至る部分に症状が現れてきますが、物理的な刺激が原因の場合には、その刺激が加わっている部分にだけ症状が現れてくるため、局所的な症状であることが特徴です。
ゴムによる締め付けが強いものであったり、衣服のサイズが自分に合っていない時にはこのように物理的な刺激によって蕁麻疹が発生してきてしまうので、体の一部分にだけ刺激が加わるような時にはそうならないようなものに変える必要があるでしょう。
実際、それによって症状が改善する場合もあります。

スポンサーリンク

また、下着のゴムのほかにも、このような症状を出してしまう原因となるものがあります。
例えば、普段使っているベルトや、衣服についているタグなどがこすれて生じてきてしまうということもあります。
また、腕時計など、身に着けるアクセサリー関係が蕁麻疹の原因となっていることも多いです。
このように、体の一部分にだけ蕁麻疹の症状が現れてきた時には、その部分に集中して刺激が加わっていなかったかどうか思い返してみるようにしましょう。
心当たりものがあれば、これ以上刺激が強く加わらないように対策する必要がありますね。
心配な場合には病院での治療を行ったほうがよいですが、このような原因による蕁麻疹の場合には、原因を取り除くことによって、症状を改善していける場合も多いため、まずは自分の中で心当たりを整理しておくようにするとよいでしょう。
それが、下着等のゴムなどによる物理的刺激が原因の蕁麻疹を改善する近道になります。

スポンサーリンク