蕁麻疹 熱 大人

大人の蕁麻疹により熱がでているときの対処方法は?

スポンサーリンク

蕁麻疹が出てしまって、それによって熱も出てしまっているということはありませんか?
これはもしかすると、溶連菌に感染している可能性も考えられます。
溶連菌とはいったいどのような病原菌なのでしょうか?
溶連菌とは、子どもがよく感染するもので、風邪に似た症状が現れます。
症状としては、発熱やのどの痛み、発疹、イチゴ舌などが代表的で、この発疹が非常にかゆみを出してしまいます。
子供に多い症状だといわれることが多いのですが、この溶連菌は子供だけではなく、実は大人にも感染することがあります。
単なる風邪だと思ってあまり対策をしないでいると、症状がどんどん悪化してしまう恐れがありますので、しっかりと対処していくことが重要になります。

 

溶連菌に感染しやすいのは冬場の時期です。
春の時期に感染することもありますが、特に多いのは冬になります。

スポンサーリンク

これゆえに風邪やインフルエンザと勘違いしてしまうこともありますので注意しましょう。
時としては区別がなかなかつかないこともありますが、喉痛みなどの特徴的な症状が現れているのであれば、
溶連菌による症状の原因は、細菌に感染してしまったことにありますので、抗生物質を投与する必要があります。
これによって、細菌増殖することを抑えることができるので、抗生物質を投与してから1〜2日ほどで、症状はだんだんと収まってきます。
抗生物質を投与せずに放置していると、細菌が増殖してしまって症状がどんどんと重くなってしまいますので、なるべく早く病院に行って治療を受けることが大切です。また、発熱や発汗によって水分も持っていかれてしまいますので、こまめに水分補給を行うようにしましょう。

 

溶連菌をやっつけることができれば、熱や蕁麻疹の症状も治まってきます。
おかしいなと感じたら、すぐに病院に行って治療を受けることをおすすめします。
抗生物質なども活用しながら、溶連菌が原因の場合の大人の蕁麻疹や熱の症状に対処していきましょう。

スポンサーリンク